· 

GDPでみる日本と中国

日記の上では、北京に到着し、電車に乗り、モンゴルへ行ったわけでありますが、

今回の滞在で中国について感じたことを少し書きたいと思います。

 

思えば、中国は今回で3回目です。(自慢です。)

※台湾(3回)を除くと。ってか台湾は大好きでよく行っています。(自慢ではありません)

 

中国に行ったのは

最初に就職した会社の社員旅行で2回行ってます。(北京と上海)

 

以前北京に行ったのは、2011年前後だったと思いますが、

ひたすらにバスツアーだったこともあり、あまり土地については覚えてないです 。

 

 

※ただ、北京の動物園ですが、こんな写真をとった模様。

 

 

あれ?北京駅ってこんなだっけ?

と、とても真新しい気持ちで北京に来ました。

 

前回の北京が昼前に来て、今回が夜だったこともあるかもしれません。

 

それはさておき、北京にきて思ったことは、

「うるさい。」その一言に尽きます。

 

ただ、

「押し売りがすごい」わけでもなく、

日本人とバレていようと、バレてなくても

いや、暗闇の中でも、手ぶらで歩いていても話しかけてきます。

 

何を言っているのかまったくわかりません。

多分、何か親切心で言ってくれているのだろうとは思います。

 

それが外国というだけで、

急に警戒心が強くなるのは、どこか世界での自分たちの地位を勘違いしているように

思えてなりません。

日本は決して豊かでも何でもないんですがね。


少し話は変わるが、

 最近読んだ本であるが、

日本のGDPが中国に抜かれ世界2位から3位に下がって約10年ほど経ちます。

 

3位の日本のGDPは、500兆円、

2位の中国のGDPは、1300兆円と、もう陸上競技のトラック種目で言えば周回遅れくらい

差が開いています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーこの辺り飛ばしても問題ないです。ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

細かく言うと、

・日本は、500兆円。

・実は韓国は150兆円です。

 

東アジア全体では約2500兆円とあり、日本と中国と韓国の3カ国で2000兆円と

東アジアの80%を占めています。

 

そうそう、

会社の同僚に、GDPの話をしたところ、「GDPって聞いたことない!」

と言われてびっくりしたことがあるので、少しGDPについて書きます。(ようわからんけど。)

 

GDPとは、Gross Domestic Productの略で、国内総生産で、意味としては、

「一定期間内に国内市場で新たに生み出された付加価値の総額」であり、経済活動の目安を見るための指標であります。

 

このGDPってのがとてもややこしくて、

一つは、「国内市場」で生み出されたものであり、

・海外でコピー機を製造している会社は、海外で作る費用はそこにはいれない。

・逆に、日本で作って海外に輸出する場合(外国法人の会社であっても)、それはカウントする。

・日本人が、とかいう話ではなく、あくまで「国内市場」という括りでかんがえるもの。

・「付加価値」であり、作ったものー原材料費をひいたものの総額であり、

 過去にGNPという言葉があったが、あれは、「原材料」「製品」とすべての金額を足しており、ダブりがおき、正確な金額がわからないとのことで、現在の指標はGDPがメインとのことです。(へーへー)

・(ここは読むものによって解釈が異なるみたいですが、)小麦粉を作る場合は、小麦の原材料・小麦粉の売価ー原材料・流通等の費用がGDPに含まれます。

 

要するに、国内で動いたお金がいかほどか?ということです。

※たぶん、本当はもっとややこしい話ですが。

 

参考:http://zef.hatenablog.jp/entry/2014/08/11/184426

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

その意味では、日本は、企業の海外進出に伴い、国内市場が年々縮小しているようで、

市場の活性化という意味では、いつの間にか中国に圧倒的に差を付けれられています。

 

「中国は貧乏は今や昔」かもしれないですし、偉そうにするのもあかんですよ。

 

余談ですが、昨日のニュースでSONYが過去最高益とか言われながらも、もはや

それがオンラインビジネスだ、海外だとか言ってるのでGDPに加算されるのか?それもよくわからなくなっている。

(もう少し勉強しないとわからない)

 

ところで一つ面白いのが、日本のGDPの変遷図を添付しています。

 

たまに耳にする「失われた10年」とか「20年」とかいう言葉が明確に図になって現れています。

ってか、ちょっと前、よかったやん!とも思えたりします。

 

下記は、日本のGDPの各項目であるが、

こうやってみると興味ぶかいです。

 

こうやってみていくと、

中国の経済活動はもはや日本の比ではないほど行われていますが、 

 

同時に、国民一人当たりのGDPで見ると、約3倍差の開いた差は、次は逆転し、

日本人のほうが5倍以上の金額を生み出しています。

(このあたり、単純に人口で割ればいいものか?多少疑問にも思いますが。) 

 

 

 

日本人のほうが一人当たりの経済活動量は多いと言えますが、

 

人口とのバランスもあり、分子が多くなると、その分下がるようなイメージでもあります。

ちなみにインドは140位前後です。

 

※1位はルクセンブルクであるが、なぜ高いのかは、よくわからりません。

・・(人口と面積勝負な気もする。勉強不足ですみません。)

 

何が言いたいのか?

特に何もないです。

 

GDPで見ると、やはり中国サマサマになっているかもしれませんが、

一人当たりに直すと、へへーん、って感じにもなります。

ただ、数字で示したかっただけです。

 

日本がどうか?というと、

悪くもなければよくもありません。

 

ただ、これはあくまでGDPという指標でみた話であり、

経済の格差だ、街が汚いといったところはここからは現れておらず、

実際に、中国にいき、少し一本道に入るとまじまじとそのリアルを感じます。

 

かつて、ストⅡで、春麗(チュンリー)戦でいた、鶏を買ってるおじさんが観戦している風景は、

北京駅の裏にはすぐに存在していました。

 

 

日本もそんなに変わらないですけどねー。

 

この話が何につながるか?

モンゴルの話に繋がっていきます。